文字サイズ

アマチュア局保証基本保証 / スプリアス確認保証

スプリアス確認保証と他の手続き(増設・取替・再免許等)は同時には申請できません。御注意下さい。
基本保証 開設・変更(増設・取替)

アマチュア局の開設、変更(無線機の増設・取替・部分変更)手続きを行う際に、
技術基準適合証明を受けていない無線機が1台でも含まれる場合、
並びに設置場所及び移動範囲の変更はアマチュア局の保証が必要です。
開設、変更に必要な総合通信局等あての申請書類と共に「保証願書」をJARDに提出してください。

※空中線電力が200W超及び技適機器のみの開設、変更は直接総合通信局へ。
平成29年12月1日以降、旧スプリアス規格の技術基準適合証明機器による手続きを行う場合、
アマチュア局の基本保証が必要となっております。御注意下さい。

基本保証が必要な送信機等

開設

  1. 技適ラベルが無い送信機
  2. 技適ラベルが付いた送信機にブースターや附属装置を取り付けたもの
  3. 自作機などの送信機

変更

  1. 免許を受けた送信機に、新たにブースターや附属装置を取り付けるもの
  2. 送信機を取替え、増設又は一部分変更するもの
  3. 設置場所及び移動範囲の変更の場合

アマチュア局保証業務のご案内

開設・変更保証の申込

申請書類等のダウンロード

スプリアス確認保証

電波法に定めるスプリアス規格の改正(平成17年12月1日施行)により、
平成19年11月30日以前に製造された古い無線機の使用期限は、平成34年11月30日までとされています。
ただし、これらの無線機もJARDのスプリアス確認保証を受けることにより、平成34年12月以降も継続して使用できます。
「スプリアス確認保証可能機器リスト」に掲載されている無線機の場合は、書類の提出(Web・メール申込み可)のみで保証が可能です。

スプリアス確認保証が必要な無線機

スプリアス確認保証が必要な無線機(旧スプリアス規格機器)

  1. 平成17年12月以前に免許を受け、現在も免許が継続している無線機
  2. 「スプリアス確認保証可能機器リスト」に掲載の技術基準適合証明を受けた無線機で、平成17年12月以降に総合通信局等に直接申請して免許を受けて、現在も免許が継続しているもの

スプリアス確認保証が不要な無線機(新スプリアス規格機器)

  1. 平成17年12月施行された新スプリアス規格で技術基準適合証明を受けた無線機
  2. 平成17年12月以降に「アマチュア局の保証」を受けて免許を受けた無線機


スプリアス確認保証業務のご案内

スプリアス確認保証の申込

スプリアス確認関係様式のダウンロード

注意

  1. スプリアス確認保証は既に免許になっている送信機が対象です。
  2. スプリアス確認保証は空中線電力200W以下の送信機が対象です。(200W以下の基本送信機にリニアアンプを接続して200Wを超える工事設計の場合、200Wを超える送信機となりますので保証対象外となります。)
  3. スプリアス確認保証は変更申請(増設・取替え)や再免許申請と同時には出来ません。
  4. 基本保証を受けて免許になった送信機の内、「スプリアス確認保証可能機器リスト」に載っている送信機は新スプリアスとして保証していますので、再度スプリアス確認保証を受ける必要はありません。

スプリアス確認保証はお早めに!