文字サイズ

技適・認証測定サービス / 測定器室の利用

技術基準適合証明・工事設計認証

JARDは、電波法第38条の2の2の登録証明機関として、アマチュア無線機を中心として、特定無線設備の技術基準適合証明・工事設計認証の業務を行っています。

技術基準適合証明

  • 無線機1台ごとに個別に証明するものです。
  • 技術基準適合証明は、どなたでもお申込みができます。
  • お申込みにあたっては、以下の書類等をJARDに提出してください。
    1. 技術基準適合証明申込書(電子ファイル)
    2. 工事設計書(無線設備系統図を含む)(電子ファイル)
    3. 無線機
    4. 無線機の操作説明書
  • 技術基準適合証明の申込みの場合の手数料(税抜)の額は、以下のとおりです。
    1. 五周波数帯以下   51,800円
    2. 六周波数帯以上   56,200円
    ※上記の手数料は、1台の場合

工事設計認証

  • 無線機の工事設計が、電波法第三章の技術基準に適合していることの認証を行うものです。
    審査内容には、製造工場等の品質管理等を含みます。
  • 工事設計認証は、無線機の製造・販売業者のみお申込みができます。
  • お申込みにあたっては、以下の書類等をJARDに提出してください。
    1. 工事設計認証申込書(電子ファイル)
    2. 工事設計書(無線設備系統図を含む)(電子ファイル)
    3. 無線機
    4. 無線機の操作説明書
    5. 確認方法書(電子ファイル)
  • 工事設計認証の申込みの場合の手数料の額(税抜)は、以下のとおりです。
    1. 五周波数帯以下   477,000円
    2. 六周波数帯以上   498,000円
    ※手数料には、各種の減額措置があります。

無線機器の電波測定サービス

JARDでは、アマチュア無線家等からの申込みにより、電波法に定める較正等を受けて1年以内の測定器等を使用して、アマチュア無線機器等の電波特性(周波数、空中線電力、占有周波数帯幅並びにスプリアス発射及び不要発射の強度等をいう。)を実測し、測定結果を交付するサービスを実施しています。

利用のご案内やお申込みはこちら

測定器室の開放(一般利用サービス)

JARDでは、電波法に基づく技術基準適合証明業務のために所有する測定器等の有効活用の一環として、一般のアマチュア無線家などにJARDの測定器室を開放し、技術的興味の研究やスプリアス発射等の電波特性を測定する機会を提供することにより、電波の適正利用への貢献、アマチュア無線の振興に資することを目的として、測定器室の開放を実施しています。

利用のご案内やお申込みはこちら